美容外科でプチ整形

日本でも、メディアで活躍するアイドルやタレントなどの芸能人には必ずといっていいほど整形疑惑がもちあがります。また、一般の人でも美意識の高い人や、特に女性では美容整形を行っている人も多く、最近の美容外科ではプチ整形が気軽にできる美容整形として人気となっています。
プチ整形とは、まぶたを二重にするなど簡単な整形手術のことをいい、これらの手術は、痛みや腫れも少なく、入院の必要がないことやメスを入れることも少ないために負担が小さいことが特徴です。

また、普通の整形手術よりも費用が安いため、メイクなどの延長で気軽に行うことができます。主なプチ整形としては、一重まぶたを二重まぶたにしたり、鼻を高くするためのヒアルロン酸注射や、あごのヒアルロン注射、小顔にするためのボトックス注射、しわ取りのためのボトックス注射、豊胸のためのヒアルロン注射などがあげられ、どれも身体にメスを入れることなく行うものです。

美容外科は『外科』という言葉がつくため、メスを使った施術が一般的ですので美容整形にメスはつきものという考えの人もまだ多くいます。しかし、プチ整形は、手術が簡単で短いものが多いのですぐに普段の生活に戻ることができることや、大抵の手術が痛みをあまり感じないこと、万が一施術結果が気に入らないものでも時間がたてば元に戻るものが多いことなどの特徴から、美容外科を訪れる第一歩として気軽に挑戦できる手術です。